HOME > ルーフシェード
ルーフシェードで冷房コストを大幅削減!

ルーフシェード/折板屋根向け外断熱・遮熱工法

屋根の遮熱で、冷房コスト44.4%削減

暑い夏場の金属製屋根は、直射日光による灼熱温により急激な室温上昇の原因となっています
折板屋根上の温度は60℃以上にも達し、それらの解決策はエアコン等の空調設備のみに頼るのが現状です。
エアコンによる消費電量の上昇が電気料金の高騰と二酸化炭素(CO2)排出の大きな原因となり、更なる温暖化を招いています。

ルーフシェードは、これらの悩みを屋根の上から一気に解決いたします。
ビガートレーディングでは、栃木県を中心に福島県・群馬県・茨城県・埼玉県のエリア向けに短期間の施工を行っております。

ルーフシェード施工による効果

省エネルギー効果
年間の冷暖房負荷率36.2%削減により、空調の消費電量を抑え省エネルギー効果に貢献。
快適環境効果
驚異の遮熱効果で夏場の急激な室温上昇を抑制し、店舗・工場・倉庫等の快適環境を確保。
降雨保全効果
降雨時の残響試験結果により金属製折板屋根から発生する降雨騒音を19dB低減。
環境保全効果
折板屋根外断熱・遮熱工法による空調の年間負荷率削減効果で二酸化炭素の排出量を削減。

ルーフシェード施工による効果

ルーフシェードの省エネルギー効果

ルーフシェードの施工有無による省エネルギー効果は、工場の仮想モデル試算結果で年間約36.2%の消費電力削減率が得られ、5月〜10月の半年間で約44.4%の削減効果が実証されています。

【工場の仮想モデル】
●床面積:400u(20m×20m)
●建物高:5m
●工場内部:天井や間仕切りのない一室空間
(鹿児島県でのシミュレーション)
【年間にCO2削減量】
147.9MJ/(u・年)×0.287kW・h×0.348kg=14.3kg/(u・年)
14.3kg×400u=5.720kg/年 約5.7トン削減(原油換算4.2kl)
※九州電力(株)の平成20年度分のCO2排出係数(0.348kg−O2/kWh)で算出
※上記数値は試算値であり、保障値ではありません。

 

栃木県のテントのお問い合わせ